TOEIC950点、USCPA、投資、マイルなど

英語学習、資格取得、投資について。

楽天ポイントで投資して資産1億円を目指す

楽天証券楽天ポイントを使った投資信託の購入を開始

 

以前記事でも述べました、楽天ポイントを使った資産形成が8月26日より可能になります。

おすすめの証券会社~楽天ユーザーが楽天証券を利用すべき理由~ - TOEIC950点、USCPA、投資、マイルなど

f:id:englishinvestment:20170811223821p:plain

業界初!投資信託ポイント買付サービスがスタート! | 楽天証券

【ポイント】

楽天証券にて取扱いのほぼ全ての投資信託楽天ポイントのみ、もしくは現金と組み合わせて購入可能に。

サービス開始は8月26日から。

 

楽天証券がおすすめな理由

・手数料が安い、維持コストは無料。

・ネットで手軽に売買が可能。

・NISA、iDeCoに対応。しかも無料。

楽天銀行と提携しており、預金利率が高い。

楽天ポイントを使って投資できる。

 

ポイントを使った投資なら、年間40万の投入がゼロコストで可能に

楽天証券とハピタスで年間40万円の投資リターンを達成 - TOEIC950点、USCPA、投資、マイルなど

上記記事で紹介しているように、「ハピタス」と組み合わせて、効率的に楽天ポイントを獲得することで、自己資金を一切投じることなく、気軽に誰でも投資が可能です。これまでは投資というと、儲かるか損するか分からないものに、一か八かで仕事で稼いだ自己資金を投入する必要がありました。

しかし、楽天ポイントを原資として投資信託を購入することで、ゼロコストで資産形成が可能になります。現金での投資ももちろん可能性ですし、ポイントを原資としても現金を原資としても一切違いはありません。ポイントを原資とすれば、仮に損失を出したとしても、実損は出ません。投資信託をはじめるハードルが一気に下がったのです。

 

「ハピタス」を利用すれば、楽天ポイントを毎月経常的に3万ポイント貯めることが可能です。普段の支出を抑えて、毎月3万円投資に回そうとすると大変ですが、「ハピタス」を利用すると誰でも簡単に楽天ポイントを貯められます。デメリットは、多少面倒なのとクレジットカードの登録などに5~10分程度時間をとられることです。

※ハピタスから直接交換したポイントでは、投信の購入原資に充てることができません。そのため、楽天モバイルや楽天トラベル、楽天市場でためたポイントをどんどん使いましょう。ハピタスから移行したポイントは、普段の買い物や本の購入費用に充て、実質的に浮いたお金を投資に回してもよいと思います。

 

なぜポイントで投資できるのか?

楽天証券としては、これまでたくさん広告を打つなどして新規の投資信託購入者を増やそうとしてきたのですが、皆さんせっかく貯めた資金を投資に回してくれません。そこで、今回は現金よりもはるかに敷居の低い楽天スーパーポイントを利用して投資信託を気軽に始められるようにしたのです。これで、投資信託を身近に感じてもらい、利用者が増えることを狙っているのです。

普段の楽天市場等で勝手に貯まっていくポイントなら、気楽に投資に回せますよね?

 

投資信託とは?

投資が初めての方のために簡単に投資信託について説明します。投資信託(投信)とは、信託会社が定めたプロが運用する商品です。どんな商品があるかというと、「日経平均」に連動するインデックス投信などです。「日経平均」は、NHKのニュースなどでよく耳にすると思います。日本の主要企業の株価の平均のようなものです。初めての方は、まずは「日経平均」連動型のインデックス投信から始めるのがおすすめです。楽天証券ならば100円から投資を始められます。まずは、ポイントを利用して「たわらノーロード日経225」という銘柄を買ってみましょう。こちらは、信託報酬(運用のプロに払う手数料)が非常に低いのでよい商品です。慣れてきたら、外国株連動型(おすすめは、「eMAXIS Slim 先進国株インデックス」です)やバランスファンドと言われる複数のインデックスを混ぜた商品を購入してみましょう。期待リターンは年率5~8%くらいと言われています。私は、2016年の1年間で10%以上リターンを得ました。

 

私がおすすめする投資信託の銘柄は次のものです。選択理由は、信託報酬(運用コスト)が安く、大きく元本を毀損する(長期投資を前提とした場合)可能性が低いからです。実際に私もこれら銘柄に投資しています。

 

・たわらノーロード先進国株式

MSCI ワールドといわれる、世界の先進国(日本を除く)株式に投資します。半分くらい米国株なので、ざっくり米国および欧州の主要銘柄に投資している、と考えればOKです。組み入れ比率が最も大きいものは、アップルです。期待リーンは年率5%くらいです。円高時1ドル110円未満を狙って投資しましょう。

 

eMAXIS Slim 新興国株式

MSCI エマージングといわれる、新興国の主要銘柄に投資します。上記の先進国への投資よりは、株の売買環境やシステムが整っていない影響で管理費用は高いですが、その分期待リターンも大きいです。先進国株投資よりも少しリターンを多めに欲しい、という方にはおすすめです。期待リーンは年率5~10%くらいです。円高時1ドル110円未満を狙って投資しましょう。

 

・ニッセイTOPIX

日本の東証一部全体に投資する指数です。正直、日本株の過去の投資リターンはあまり高くないです。為替の影響を受ける(円高になると下落する)ので、為替が円高になり、割安感が出たところで買いましょう。今だったら、日経18,000円以下が投資タイミングではないでしょうか(あくまでも個人的な見解です)。

 

f:id:englishinvestment:20170903134926p:plain

 

インデックス投資で年率10%以上のリターンを狙う - TOEIC950点、USCPA、投資、マイルなど

まずは、楽天証券の口座開設から

楽天証券の口座開設は、すべてネットで完結します。口座維持手数料等は一切かかりませんので、一切使わなくても大丈夫です。NISA口座の手続きも、本来個人負担となる住民票取得手続きなど、無料で行ってくれます。なかなか遠方で役所に行かれない、という方にはうれしいサービスです。「ハピタス」のサイトを経由して口座開設をすると、ハピタスポイントも二重で貯まります(貯めたポイントは後で楽天ポイントに交換できます)。下のバナーよりハピタスに入会いただくと、入会者の方に初回紹介ポイントが入ります(私にも!なのでお願いします笑)。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

楽天証券では、楽天銀行口座保有者へのサービス「マネーブリッジ」を利用している方限定で、投資信託保有残高に応じて金利(ポイント還元)が毎月付与されます。例えば、私は現在900万円程度投資信託保有していますが、これにより、毎月360ポイントが付与されます。年間では、4,320ポイントになります。このポイントは、上記で説明したポイントを活用した投資の原資としてそのまま使えます。銀行の定期預金では、仮に1,000万円を預金していても、1年間で100円程度の利息しか付きませんので、この金利は大変魅力的だと思います。

f:id:englishinvestment:20170924210900p:plain