TOEIC950点、USCPA、投資、マイルなど

英語学習、資格取得、投資について。

低リスクでビットコインに投資する(bit Flyer)

ビットコインに無料で投資して、将来の評価益を狙う方法

 

f:id:englishinvestment:20170910160432p:plain

 

ビットコインとは

ビットコインとは、「ブロックチェーン」といわれる技術を使って管理されている仮想通貨の一種です。「ナカモトサトシ」という人物がこの技術を使った仮想通貨を生み出したとされています。名前は日本人のようですが、おそらくペンネームであり、どういった人物なのかは全くの謎です。価値の裏付けは、「マイニング」と呼ばれる、データの承認作業によって行われています。「ブロックチェーン」技術によって、データの作為的な書き換えや偽造ができないように工夫されており、極めて安全な通貨です。また、ビットコインの総量はあらかじめ決められています。従って、ビットコインの需要が増えるほど、ドルや円で評価したビットコインの価値は上昇します(逆に、需要がなくなると価値は下落します)。

主に米ドル建で取引されていますが、日本にも幾つかビットコインの取引所があり、日本円と交換されています。後程紹介する「bit Flyer」という取引所がおすすめです。

 

ビットコインは、2017年に入り、定期的に高値を更新し続けています(1ビットコイン45万円:2017年9月10日現在)。2017年7月に20万円ほどの価値だったことを考えると、わずか2カ月で倍以上に上昇しています。基本的に米ドルに連動しているので、今後の円安を見込んで買ってもよいでしょう。

ビットコインは悪材料が出るたびに下落することがありますが、長期で見ればまだまだ価値が上昇してもおかしくないです。

最近は街中でもビットコイン決済ができる店舗が増えています。ビックカメラは、2017年7月10日より、店舗でのビットコイン決済が可能になりました。

仮想通貨と呼ばれるものには、ほかに「イーサリアム(Ethereum)」というものもあります。このように、仮想通貨はその価値が認められ、急速に普及しています。

 

投資としての仮想通貨

2017年8月には、1ビットコイン=5,000米ドルを超えてきました。急激な価値上昇の恩恵を受けて、世界中で億万長者が続出しています。ビットコインの他にも、イーサリアムは2017年に入り、その価値が40倍になりました。

決済通貨として仮想通貨を利用することはもちろんですが、投資として仮想通貨を利用している方も多いです。前述のように近年価値が非常に上がっています。

 

しかし、チャートを見てもらえば分かるように、ボラティリティ(価値の変動)が非常に大きく、自己資金では手を出しづらいものでもあります。

しかし、自分の元手ゼロでビットコインに投資できるとしたらどうでしょうか?

ポイントサイトを活用することで、自己資金を投じることなくビットコイン投資の波に乗ることができます。

 なお、2017年10月12日にビットコインの円建て価格は最高値を更新し、1ビットコイン=65万円を記録しています。わずか1カ月前には30万円程度で取引されていました。中国政府がビットコイン取引を規制し始めたタイミングで投資していれば、1カ月で資産が倍になったことになります。記事にも書いているように、ビットコインの価値はまだまだ上がると思います。私自身、bit Flyerで0円投資を行っています。ビットコイン=100万円くらいまでは上昇するでしょうから、投資のタイミングは早いほど良いです。批判的な方も多いですか、米金融大手のゴールドマンサックスはビットコイン関連ビジネスに参入することを表明済です。他の金融機関や大企業が追随すれば、価格はさらに上がるでしょう。

 

 【ビットコインのチャート(USD建)】

f:id:englishinvestment:20170910161205p:plain

イーサリアムのチャート(USD建)】

f:id:englishinvestment:20170910205653p:plain

ビットコイン取引の始め方

ここでは、ビットコイン保有口座・取引所として「bit Flyer」をお勧めしています。メガバンクをはじめとした大手金融機関が多数出資しており、事業者としての信頼性は極めて高いです。取引量は国内最大の取引所であり、損害保険会社と契約し、消費者保護にも努めています。仮想通貨というと、国内では「マウントゴックス事件」を思い出す方もいるでしょう。あれ以来、仮想通貨は詐欺だと勘違いしている方をよく目にします。「マウントゴックス事件」では、取引所が破たんしたのであって、仮想通貨そのものが破たんしたわけではないのです。一取引所で預かっている顧客資産のデータを喪失してしまい、顧客の資産が消えてしまったのです。

以下で紹介する方法で、「bit Flyer」ならば無料でビットコイン保有できることから、初心者の方には大変おすすめできます。手数料等考えると、他の取引所も良いですが、スタートとしてはいいと思います。

 

f:id:englishinvestment:20170910170518p:plain

bit Flyer」は、メールアドレスの登録のみですぐにビットコイン取引をはじめられる手軽さも評価できます。 

 

実際の手順

ビットコイン取引の手順は、次の通りです。

まず、無料で登録できるポイントサイトで、ポイントをためていきます。たまったポイントを随時ビットコインに交換していきます。今後、早い段階でビットコインの価値が上昇していくことを前提とすると、なるべく早めにポイントをため、ある程度たまったらすぐにビットコインに交換していくのがよいでしょう。ポイントは、普段のネットショッピングを「ハピタス」経由にしたり、クレジットカードを作ったり、「楽天トラベル」や「じゃらん」を利用してホテル・旅館の予約をするだけでたまっていきます。

今なら、すべて手数料無料でビットコインに交換可能です。

①ハピタスに登録

②Pexに登録

③bit Flyer で口座開設する。

④ハピタスで案件をこなし、効率的にポイントを貯める

⑤ハピタスポイント→Pexポイント→ビットコイン に交換する。

 

1.ハピタスへの登録

ハピタスへの会員登録(無料)は次のバナーよりどうぞ。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

ハピタスについては、次の記事で解説しています。日常的にサイトを経由して買い物や会員登録をすることで、利用者にポイントが付与される仕組みです。

ハピタスを利用して楽天ポイント、ANA/JALマイルを大量獲得 - TOEIC950点、USCPA、投資、マイルなど

 

2.Pexへの登録

ハピタスへの登録が完了したら、Pexにも登録します(以下をクリックするとサイトにジャンプします)。Pexとは、ハピタスと同様のポイントサイトであり、様々なポイントに交換できるハブサイトとして使えます。ほかに、「東京メトロポイント」「Amazon」「楽天」などにも交換できます。ハピタスで獲得したポイントは、いったんPexポイントに交換してから、ビットコインに交換します(ハピタスから直接ビットコインに交換できないため)。Pexでも案件をこなすことでポイント付与されますが、「ハピタス」の方がたいていの場合、還元率が高いです。

ポイント交換のPeX

 

3.bit Flyer で口座開設する

メールアドレスのみで数分で口座を開設できます。facebookGoogleYahoo!のIDを持っていれば、一瞬で登録完了です。

f:id:englishinvestment:20170910162436p:plain

 

4.ハピタスで案件をこなし、ポイントを獲得する

ビットコインに交換するため、ハピタスでポイントをためます。楽天市場での買い物、「ハピタス堂書店」を利用して本を買うことなどでポイントを獲得できます。大量ポイント獲得を狙うには、クレジットカードの作成やFXトレードがてっとり早いです。

 

5.ハピタスポイントをビットコインに交換する

①ハピタスのポイント交換ページより、Pexポイントを選んで交換します。

「ハピタス」ポイントが500ポイントたまるごとに、Pexを経由して、ビットコインそのときの時価でリアルタイムに交換できます。

f:id:englishinvestment:20170910162905p:plain

 ②Pexのポイント交換ページより、ビットコインを選んで交換します。

f:id:englishinvestment:20170910170131p:plain

 

 以上、ビットコインを使った新しい投資手法の紹介でした。「ハピタス」でためたポイントは、ビットコインだけでなく、マイルや現金にも交換できます。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

 

ビットコイン相場

2017年9月に入り、中国政府がビットコインを用いた企業の資金調達(ICO)を禁じたことや、米銀JPモルガンのCEOであるジェイミー・ダイモンがビットコイン等の仮想通貨を総じて「詐欺」「バブル」などと指摘し、自社の社員がこうした仮想通貨に投資することを一切禁じたことなどにより、8月に付けた高値である5,000ドルを割り、3,000~4,000ドルで推移しています。しかし、こうした動きが出てくることはある意味想定の範囲内です。ビットコインの利用価値そのものが否定されたわけではありません。むしろ、こうした相場の一時的な下落局面で投資しておくことは、長期で資産形成するにあたって非常に重要です。これからも、様々なニュースやイベントによってビットコイン相場は上下するでしょうが、そうした局面や円高の場面を狙って集中投資しましょう。基本的には、資産形成の仕方として、投資信託を利用したインデックス投資などと方法論は同じです。

投資信託への効果的な方法論は以下で述べています。

インデックス投資で年率10%以上のリターンを狙う - TOEIC950点、USCPA、投資、マイルなど

30代で金融資産1億円を達成~コストを見直して投下資本の最大化を狙う~ - TOEIC950点、USCPA、投資、マイルなど