TOEIC950点、USCPA、投資、マイルなど

英語学習、資格取得、投資について。

投資信託で含み益100万円を達成

2017年9月現在の資産

 

2017年9月現在の投資資産の含み益が100万円を超えました。

投資手法は、以前紹介した通り、インデックス連動の投資信託のみです。

 

インデックス投資で年率10%以上のリターンを狙う - TOEIC950点、USCPA、投資、マイルなど

30代で金融資産1億円を達成~コストを見直して投下資本の最大化を狙う~ - TOEIC950点、USCPA、投資、マイルなど

 

 

f:id:englishinvestment:20170913221058p:plain

 

投資元本は770万円なのに対して、含み益は104.4万円と、リターンは13.6%です。

 

100万をほったらかしで稼げるというのは、結構大きなお小遣いになると思います。

10%以上のリターンを出しているので、大きくリスクをとっているのかと言えば、そうでもありません。投資対象はすべて市場平均に連動するインデックスと呼ばれるものに投資しています。

 

インデックスとは、市場平均のことだと捉えていただければ問題ありません。日経平均とかTOPIX、ニューヨーク・ダウといったものがインデックスの代表例です。米国株に連動する投信であれば、年率5%程度のリターンが期待できます

 

私は、主に「MSCIコクサイ」や「MSCIエマージング」「TOPIX」に投資しています。維持管理コストが低く、良質な投資信託を数多く取りそろえる「楽天証券」で取扱いのある銘柄ですと「たわらノーロード」シリーズ「eMAXIS slim」シリーズ「ニッセイ」シリーズのインデックス投信がおすすめです。

 

その後、2017年9月3週目以降の株高、円安局面突入により、1週間で程度でさらに資産が20万円ほど増加しました。含み益で120万円以上を達成しています。やはり、円高局面での外国株インデックス投資は非常に効果的です。

 

f:id:englishinvestment:20170924210422p:plain

 

インデックス投信の選び方

究極のところ、上記で挙げたものであれば大差ありません。同じインデックス対象に投資する以上、リターンはほぼ同じです。維持管理コストである「信託報酬」と言われるものが低いほど、あなたのリターンは高くなります(要は、手数料の安いものを選べ!ということです)。

おすすめシリーズのひとつである「eMAXIS Slim 先進国株式インデックス」を見てみましょう。「ファンドの管理費用」が、投資にかかる維持コストです。この値が低いほど、良い投信だと言えます。

 

f:id:englishinvestment:20170913222629p:plain

 

「信託報酬」と呼ばれる投信の維持管理コストは、年1回の決算時に差し引かれるものではなく、日々投資残高から差し引かれます。上の例でいうと、毎日少しずつ引かれていって、1年間投信を保有すると、0.216%のコストになる、ということです。

 

投資のタイミング

私は、少しでもリターンを高くするため、ある工夫をしています。

それは、ドル安(ユーロ安)円高のタイミングで外国株連動の投信にまとめて投資する、という手法です。日経平均であれば、円建の指標のため為替を気にする必要ありませんが、外国株に投資する際には、為替が非常に重要です。

同じ「NYダウ」が20,000ドルのときに投資するとしても、ドル円が80円のときに投資するのと、120円のときに投資するのとでは、全くリターンが異なります。ポイントは、なるべく円高のタイミングで投資する、ということです。最近は1ドル110円を挟んでレンジ相場となっていますが、これが107円になれば「買い」です。110円を超えた水準では投資せずに、投資資金をためておきましょう。そして、北朝鮮がミサイルを撃ったり、中東有事があった際など「リスクオフの円高」局面で、一気に投資します。次の投資タイミングは、米国FOMCと呼ばれる米国の中央銀行政策決定会合日である9月20日が投資のチャンスです。円高に振れるような材料(利上げのペースを緩めるなど)が出てくれば、一気に投資しましょう。

 

 

 

低リスクでビットコインに投資する(bit Flyer)

ビットコインに無料で投資して、将来の評価益を狙う方法

 

f:id:englishinvestment:20170910160432p:plain

 

ビットコインとは

ビットコインとは、「ブロックチェーン」といわれる技術を使って管理されている仮想通貨の一種です。「ナカモトサトシ」という人物がこの技術を使った仮想通貨を生み出したとされています。名前は日本人のようですが、おそらくペンネームであり、どういった人物なのかは全くの謎です。価値の裏付けは、「マイニング」と呼ばれる、データの承認作業によって行われています。「ブロックチェーン」技術によって、データの作為的な書き換えや偽造ができないように工夫されており、極めて安全な通貨です。また、ビットコインの総量はあらかじめ決められています。従って、ビットコインの需要が増えるほど、ドルや円で評価したビットコインの価値は上昇します(逆に、需要がなくなると価値は下落します)。

主に米ドル建で取引されていますが、日本にも幾つかビットコインの取引所があり、日本円と交換されています。後程紹介する「bit Flyer」という取引所がおすすめです。

 

ビットコインは、2017年に入り、定期的に高値を更新し続けています(1ビットコイン45万円:2017年9月10日現在)。2017年7月に20万円ほどの価値だったことを考えると、わずか2カ月で倍以上に上昇しています。基本的に米ドルに連動しているので、今後の円安を見込んで買ってもよいでしょう。

ビットコインは悪材料が出るたびに下落することがありますが、長期で見ればまだまだ価値が上昇してもおかしくないです。

最近は街中でもビットコイン決済ができる店舗が増えています。ビックカメラは、2017年7月10日より、店舗でのビットコイン決済が可能になりました。

仮想通貨と呼ばれるものには、ほかに「イーサリアム(Ethereum)」というものもあります。このように、仮想通貨はその価値が認められ、急速に普及しています。

 

投資としての仮想通貨

2017年8月には、1ビットコイン=5,000米ドルを超えてきました。急激な価値上昇の恩恵を受けて、世界中で億万長者が続出しています。ビットコインの他にも、イーサリアムは2017年に入り、その価値が40倍になりました。

決済通貨として仮想通貨を利用することはもちろんですが、投資として仮想通貨を利用している方も多いです。前述のように近年価値が非常に上がっています。

 

しかし、チャートを見てもらえば分かるように、ボラティリティ(価値の変動)が非常に大きく、自己資金では手を出しづらいものでもあります。

しかし、自分の元手ゼロでビットコインに投資できるとしたらどうでしょうか?

ポイントサイトを活用することで、自己資金を投じることなくビットコイン投資の波に乗ることができます。

 なお、2017年10月12日にビットコインの円建て価格は最高値を更新し、1ビットコイン=65万円を記録しています。わずか1カ月前には30万円程度で取引されていました。中国政府がビットコイン取引を規制し始めたタイミングで投資していれば、1カ月で資産が倍になったことになります。記事にも書いているように、ビットコインの価値はまだまだ上がると思います。私自身、bit Flyerで0円投資を行っています。ビットコイン=100万円くらいまでは上昇するでしょうから、投資のタイミングは早いほど良いです。批判的な方も多いですか、米金融大手のゴールドマンサックスはビットコイン関連ビジネスに参入することを表明済です。他の金融機関や大企業が追随すれば、価格はさらに上がるでしょう。

 

 【ビットコインのチャート(USD建)】

f:id:englishinvestment:20170910161205p:plain

イーサリアムのチャート(USD建)】

f:id:englishinvestment:20170910205653p:plain

ビットコイン取引の始め方

ここでは、ビットコイン保有口座・取引所として「bit Flyer」をお勧めしています。メガバンクをはじめとした大手金融機関が多数出資しており、事業者としての信頼性は極めて高いです。取引量は国内最大の取引所であり、損害保険会社と契約し、消費者保護にも努めています。仮想通貨というと、国内では「マウントゴックス事件」を思い出す方もいるでしょう。あれ以来、仮想通貨は詐欺だと勘違いしている方をよく目にします。「マウントゴックス事件」では、取引所が破たんしたのであって、仮想通貨そのものが破たんしたわけではないのです。一取引所で預かっている顧客資産のデータを喪失してしまい、顧客の資産が消えてしまったのです。

以下で紹介する方法で、「bit Flyer」ならば無料でビットコイン保有できることから、初心者の方には大変おすすめできます。手数料等考えると、他の取引所も良いですが、スタートとしてはいいと思います。

 

f:id:englishinvestment:20170910170518p:plain

bit Flyer」は、メールアドレスの登録のみですぐにビットコイン取引をはじめられる手軽さも評価できます。 

 

実際の手順

ビットコイン取引の手順は、次の通りです。

まず、無料で登録できるポイントサイトで、ポイントをためていきます。たまったポイントを随時ビットコインに交換していきます。今後、早い段階でビットコインの価値が上昇していくことを前提とすると、なるべく早めにポイントをため、ある程度たまったらすぐにビットコインに交換していくのがよいでしょう。ポイントは、普段のネットショッピングを「ハピタス」経由にしたり、クレジットカードを作ったり、「楽天トラベル」や「じゃらん」を利用してホテル・旅館の予約をするだけでたまっていきます。

今なら、すべて手数料無料でビットコインに交換可能です。

①ハピタスに登録

②Pexに登録

③bit Flyer で口座開設する。

④ハピタスで案件をこなし、効率的にポイントを貯める

⑤ハピタスポイント→Pexポイント→ビットコイン に交換する。

 

1.ハピタスへの登録

ハピタスへの会員登録(無料)は次のバナーよりどうぞ。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

ハピタスについては、次の記事で解説しています。日常的にサイトを経由して買い物や会員登録をすることで、利用者にポイントが付与される仕組みです。

ハピタスを利用して楽天ポイント、ANA/JALマイルを大量獲得 - TOEIC950点、USCPA、投資、マイルなど

 

2.Pexへの登録

ハピタスへの登録が完了したら、Pexにも登録します(以下をクリックするとサイトにジャンプします)。Pexとは、ハピタスと同様のポイントサイトであり、様々なポイントに交換できるハブサイトとして使えます。ほかに、「東京メトロポイント」「Amazon」「楽天」などにも交換できます。ハピタスで獲得したポイントは、いったんPexポイントに交換してから、ビットコインに交換します(ハピタスから直接ビットコインに交換できないため)。Pexでも案件をこなすことでポイント付与されますが、「ハピタス」の方がたいていの場合、還元率が高いです。

ポイント交換のPeX

 

3.bit Flyer で口座開設する

メールアドレスのみで数分で口座を開設できます。facebookGoogleYahoo!のIDを持っていれば、一瞬で登録完了です。

f:id:englishinvestment:20170910162436p:plain

 

4.ハピタスで案件をこなし、ポイントを獲得する

ビットコインに交換するため、ハピタスでポイントをためます。楽天市場での買い物、「ハピタス堂書店」を利用して本を買うことなどでポイントを獲得できます。大量ポイント獲得を狙うには、クレジットカードの作成やFXトレードがてっとり早いです。

 

5.ハピタスポイントをビットコインに交換する

①ハピタスのポイント交換ページより、Pexポイントを選んで交換します。

「ハピタス」ポイントが500ポイントたまるごとに、Pexを経由して、ビットコインそのときの時価でリアルタイムに交換できます。

f:id:englishinvestment:20170910162905p:plain

 ②Pexのポイント交換ページより、ビットコインを選んで交換します。

f:id:englishinvestment:20170910170131p:plain

 

 以上、ビットコインを使った新しい投資手法の紹介でした。「ハピタス」でためたポイントは、ビットコインだけでなく、マイルや現金にも交換できます。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

 

ビットコイン相場

2017年9月に入り、中国政府がビットコインを用いた企業の資金調達(ICO)を禁じたことや、米銀JPモルガンのCEOであるジェイミー・ダイモンがビットコイン等の仮想通貨を総じて「詐欺」「バブル」などと指摘し、自社の社員がこうした仮想通貨に投資することを一切禁じたことなどにより、8月に付けた高値である5,000ドルを割り、3,000~4,000ドルで推移しています。しかし、こうした動きが出てくることはある意味想定の範囲内です。ビットコインの利用価値そのものが否定されたわけではありません。むしろ、こうした相場の一時的な下落局面で投資しておくことは、長期で資産形成するにあたって非常に重要です。これからも、様々なニュースやイベントによってビットコイン相場は上下するでしょうが、そうした局面や円高の場面を狙って集中投資しましょう。基本的には、資産形成の仕方として、投資信託を利用したインデックス投資などと方法論は同じです。

投資信託への効果的な方法論は以下で述べています。

インデックス投資で年率10%以上のリターンを狙う - TOEIC950点、USCPA、投資、マイルなど

30代で金融資産1億円を達成~コストを見直して投下資本の最大化を狙う~ - TOEIC950点、USCPA、投資、マイルなど

独学3カ月で証券アナリスト2次試験に合格する方法

 

試験3カ月前でも間に合うポイントを押さえた勉強方法

 

私が証券アナリスト2次試験に合格した際に行った試験対策についてまとめています。2カ月ちょっと、平日は毎日1時間、休日は3時間程度勉強し、3カ月で100時間以上は費やしました。勉強時間自体はそれほど多くない方だと思います。ギリギリ合格ではなく、試験終了後には合格を確信して会場を後にすることができました。証券アナリスト2次試験は、1次試験よりも簡単に受かる試験だと思います。なぜなら、これを読んでいる方はすでに1次試験を突破しており、相当な知識レベルにあると思われるからです。合格率も最新2017年試験は、約47%と2人に1人は合格する試験です。

 

多くの方が金融機関や事業会社の経理・財務分野で仕事をしていたり、これからそのような業務に携わりたいと考えているはずです。特に、若手の方は仕事の質では同期との差が見えにくく、こうした難易度の高い資格は人事評価上非常に有利です。業務知識という意味で持っておいて損はない資格であると同時に、会社内、転職の際のアピール材料としても「証券アナリスト」は有効だと思います。

 

1次試験対策についてはこちからどうぞ。

独学3カ月で証券アナリスト1次試験に合格する方法 - TOEIC950点、USCPA、投資、マイルなど

証券アナリスト2次試験概要 

2次試験の内容は次の通りです。

①証券分析(210点満点)

②企業分析(90点満点)

③経済(60点満点)

④職業倫理・行為基準(60点満点)

の3科目プラス1です(420点満点)

 

 

2次試験を受験するためには、1次試験に合格した上で、2次レベル講座を受講する必要があります。こちらは、約5万円かかります。もちろん、本試験受験に別途受験料を収める必要があります。

 2次試験は年に1回だけ6月初旬に行われます。

 

 

具体的な学習計画

まず、1次試験合格に必要な得点は、約5割と言われています。採点基準や合格点が非公開なために、正確なところは協会の方しか知りません。

私が学習する際に利用した教材は、TACの2次試験過去問集、TAC2次試験用総まとめテキスト(証券分析のみ)および1次試験のTACの総まとめテキストです。そして、最も重要なものは、協会から送付されてくる「証券アナリスト職業行為基準 実務ハンドブック」です。1次試験の講座受講の際に協会より送付されるテキスト類はすべて不要ですが、2次試験の講座受講の際に送付されてくるこの「ハンドブック」だけは、捨てないで下さい。2次試験合格のためには、全体の半分得点することを目指します。1次試験とは異なり、全科目の総合で合否が判定されるので、得点戦略の立て方が重要です。学習の優先度は、「証券分析」、「企業分析」、「職業倫理・行為基準」、余裕があれば「経済」の順番です。

 

学習方法

TACの過去問集をやりこみ、職業倫理・行為基準」でほぼ満点を取れば、合格間違いなしです全体420点中、210点を目指しましょう。私は、少し余裕を持った得点計画を立てました。

証券分析」100/210

「企業分析」60/90

「職業倫理・行為基準」50/60

「経済」40/60

証券分析:100/210

証券分析においては、全分野を対策しないことがコツです。出題傾向を分析して、効率よく学習しましょう(めったに出ない分野は捨てる)。おおよそ半分得点することが目標です。もっともウェイトが大きい科目のためまず証券分析に手を付けるべきです。

TAC総まとめテキストには、過去問の傾向分析のページが冒頭にあります。数年に1度出るか出ないかの問題は捨てて、頻出問題を重点的に攻略することが短期合格の秘訣です。具体的には、「株式ポートフォリオ戦略」、「債券ポートフォリオ戦略」、「パフォーマンス評価」、そして隔年で「行動ファイナンス」もしくは「信用リスク・モデル」の分野に絞って対策します。これだけで試験範囲の8割程度を押さえられます。あとは、過去問や総まとめテキストの練習問題で演習を繰り返しましょう。

 

企業分析:60/90

企業分析は、過去問のみしか対策を行いませんでした。証券分析に比べて、問題の難易度は低いので、この科目は得点源にして下さい。CAPM,フリーキャッシュフロー、資本コスト、各財務数値の計算など公式を覚えていれば解ける問題がたくさんあります。毎年必ず出題されていますので、過去問に掲載されている問題はすべて完璧にしましょう。

 

職業倫理・行為基準:50/60

 最重要科目です。満点も狙えます。ここでいかに稼げるかで合否は決まります。協会作成の「ハンドブック」と過去問を使って演習します。繰り返し出題される論点は決まっているため、職業行為基準の重要条項はどこに何が書かれているかざっくり覚えておきましょう。対策日数も2~3日あれば十分です。繰り返しますが、満点を狙える科目です。

 
経済:40/60

上記の得点配分をご覧の通り、実は経済はゼロ点でも合格点に到達します。範囲はそこそこ広い割に、得点配分が低いので、余裕のある方のみ対策を行えばよいと思います。私は、過去問を1周しただけでした。金融政策など時事的な問題が出題されますので、普段から新聞やマーケットレポートに目を通している方は無対策でもある程度得点を期待できます。ゲーム理論、IS-LM・AD-AS分析、為替レートに絡む問題は頻出です。これだけは押さえておきましょう。

 

 

少しでも資格取得費用を安くするために

テキストを少しでもお得に購入したい、という方には、以下サイトをすすめます。ヤフオクなどネットオークションでは、過年度の合格者が格安で参考書を出品しています。また、新品で本を安く買いたい、という方には、「ハピタス堂書店」がおすすめです。今なら、全品実質8%引きで購入できます。しかも、送料は無料です。私も本はすべてこちらで購入しています。

「ハピタス」に登録(無料)し、「ハピタス」経由で「ヤフオク」サイトに入ると、ポイント還元があります。ハピタスへは、次のバナーより登録できます(このページ経由ならもれなく初回紹介ポイント付)。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス 


楽天ポイントで投資して資産1億円を目指す

楽天証券楽天ポイントを使った投資信託の購入を開始

 

以前記事でも述べました、楽天ポイントを使った資産形成が8月26日より可能になります。

おすすめの証券会社~楽天ユーザーが楽天証券を利用すべき理由~ - TOEIC950点、USCPA、投資、マイルなど

f:id:englishinvestment:20170811223821p:plain

業界初!投資信託ポイント買付サービスがスタート! | 楽天証券

【ポイント】

楽天証券にて取扱いのほぼ全ての投資信託楽天ポイントのみ、もしくは現金と組み合わせて購入可能に。

サービス開始は8月26日から。

 

楽天証券がおすすめな理由

・手数料が安い、維持コストは無料。

・ネットで手軽に売買が可能。

・NISA、iDeCoに対応。しかも無料。

楽天銀行と提携しており、預金利率が高い。

楽天ポイントを使って投資できる。

 

ポイントを使った投資なら、年間40万の投入がゼロコストで可能に

楽天証券とハピタスで年間40万円の投資リターンを達成 - TOEIC950点、USCPA、投資、マイルなど

上記記事で紹介しているように、「ハピタス」と組み合わせて、効率的に楽天ポイントを獲得することで、自己資金を一切投じることなく、気軽に誰でも投資が可能です。これまでは投資というと、儲かるか損するか分からないものに、一か八かで仕事で稼いだ自己資金を投入する必要がありました。

しかし、楽天ポイントを原資として投資信託を購入することで、ゼロコストで資産形成が可能になります。現金での投資ももちろん可能性ですし、ポイントを原資としても現金を原資としても一切違いはありません。ポイントを原資とすれば、仮に損失を出したとしても、実損は出ません。投資信託をはじめるハードルが一気に下がったのです。

 

「ハピタス」を利用すれば、楽天ポイントを毎月経常的に3万ポイント貯めることが可能です。普段の支出を抑えて、毎月3万円投資に回そうとすると大変ですが、「ハピタス」を利用すると誰でも簡単に楽天ポイントを貯められます。デメリットは、多少面倒なのとクレジットカードの登録などに5~10分程度時間をとられることです。

※ハピタスから直接交換したポイントでは、投信の購入原資に充てることができません。そのため、楽天モバイルや楽天トラベル、楽天市場でためたポイントをどんどん使いましょう。ハピタスから移行したポイントは、普段の買い物や本の購入費用に充て、実質的に浮いたお金を投資に回してもよいと思います。

 

なぜポイントで投資できるのか?

楽天証券としては、これまでたくさん広告を打つなどして新規の投資信託購入者を増やそうとしてきたのですが、皆さんせっかく貯めた資金を投資に回してくれません。そこで、今回は現金よりもはるかに敷居の低い楽天スーパーポイントを利用して投資信託を気軽に始められるようにしたのです。これで、投資信託を身近に感じてもらい、利用者が増えることを狙っているのです。

普段の楽天市場等で勝手に貯まっていくポイントなら、気楽に投資に回せますよね?

 

投資信託とは?

投資が初めての方のために簡単に投資信託について説明します。投資信託(投信)とは、信託会社が定めたプロが運用する商品です。どんな商品があるかというと、「日経平均」に連動するインデックス投信などです。「日経平均」は、NHKのニュースなどでよく耳にすると思います。日本の主要企業の株価の平均のようなものです。初めての方は、まずは「日経平均」連動型のインデックス投信から始めるのがおすすめです。楽天証券ならば100円から投資を始められます。まずは、ポイントを利用して「たわらノーロード日経225」という銘柄を買ってみましょう。こちらは、信託報酬(運用のプロに払う手数料)が非常に低いのでよい商品です。慣れてきたら、外国株連動型(おすすめは、「eMAXIS Slim 先進国株インデックス」です)やバランスファンドと言われる複数のインデックスを混ぜた商品を購入してみましょう。期待リターンは年率5~8%くらいと言われています。私は、2016年の1年間で10%以上リターンを得ました。

 

私がおすすめする投資信託の銘柄は次のものです。選択理由は、信託報酬(運用コスト)が安く、大きく元本を毀損する(長期投資を前提とした場合)可能性が低いからです。実際に私もこれら銘柄に投資しています。

 

・たわらノーロード先進国株式

MSCI ワールドといわれる、世界の先進国(日本を除く)株式に投資します。半分くらい米国株なので、ざっくり米国および欧州の主要銘柄に投資している、と考えればOKです。組み入れ比率が最も大きいものは、アップルです。期待リーンは年率5%くらいです。円高時1ドル110円未満を狙って投資しましょう。

 

eMAXIS Slim 新興国株式

MSCI エマージングといわれる、新興国の主要銘柄に投資します。上記の先進国への投資よりは、株の売買環境やシステムが整っていない影響で管理費用は高いですが、その分期待リターンも大きいです。先進国株投資よりも少しリターンを多めに欲しい、という方にはおすすめです。期待リーンは年率5~10%くらいです。円高時1ドル110円未満を狙って投資しましょう。

 

・ニッセイTOPIX

日本の東証一部全体に投資する指数です。正直、日本株の過去の投資リターンはあまり高くないです。為替の影響を受ける(円高になると下落する)ので、為替が円高になり、割安感が出たところで買いましょう。今だったら、日経18,000円以下が投資タイミングではないでしょうか(あくまでも個人的な見解です)。

 

f:id:englishinvestment:20170903134926p:plain

 

インデックス投資で年率10%以上のリターンを狙う - TOEIC950点、USCPA、投資、マイルなど

まずは、楽天証券の口座開設から

楽天証券の口座開設は、すべてネットで完結します。口座維持手数料等は一切かかりませんので、一切使わなくても大丈夫です。NISA口座の手続きも、本来個人負担となる住民票取得手続きなど、無料で行ってくれます。なかなか遠方で役所に行かれない、という方にはうれしいサービスです。「ハピタス」のサイトを経由して口座開設をすると、ハピタスポイントも二重で貯まります(貯めたポイントは後で楽天ポイントに交換できます)。下のバナーよりハピタスに入会いただくと、入会者の方に初回紹介ポイントが入ります(私にも!なのでお願いします笑)。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

楽天証券では、楽天銀行口座保有者へのサービス「マネーブリッジ」を利用している方限定で、投資信託保有残高に応じて金利(ポイント還元)が毎月付与されます。例えば、私は現在900万円程度投資信託保有していますが、これにより、毎月360ポイントが付与されます。年間では、4,320ポイントになります。このポイントは、上記で説明したポイントを活用した投資の原資としてそのまま使えます。銀行の定期預金では、仮に1,000万円を預金していても、1年間で100円程度の利息しか付きませんので、この金利は大変魅力的だと思います。

f:id:englishinvestment:20170924210900p:plain

ハピタスの評判と安全性~資産・マイルをためる方法

ハピタスの運営会社について

本ブログでは、「ハピタス」と「楽天証券」の組み合わせや「ハピタス」と「ANAマイル」・「JALマイル」の組み合わせによって、通常よりも多くの資産形成ができたり、マイルを大量にためることができる方法をご紹介しています

 

私も同様の方法を使って投資を行ったり、マイルをためてビジネスクラスで海外旅行に無料で行ったりしています。

ハピタスを運営する会社とは?

こうした方法によって有利に資産運用を行ったり、マイルをためられるなんて、ちょっと怪しくないか?と思う方もいらっしゃると思います。

 

しかし、健全な会社ということは以下読んでいただければご理解いただけると思います。

 

まず、ハピタスは登録無料です。

サイトの運営会社は「株式会社 オズビジョン」という会社です。

会社HPへのリンクをこちらに貼ります。

企業情報 | 株式会社オズビジョン

f:id:englishinvestment:20170723215238p:plain

HPにあるように、「りそな銀行」「みずほ銀行」がメインバンクとして取引を行っています。大手都市銀行が取引を行っているということは、会社として全く問題がないことを意味します(通常、銀行は取引を始める前に徹底的に会社の調査を行います)。問題のある企業とは、金融機関はまず取引を行いません。法人名義での口座開設すら断るでしょう。

ハピタスの事業構成

ハピタスに登録して、クレジットカードの発行や楽天市場、JTBなどを利用すると、ポイントが2倍以上もらえます(ハピタスを利用して楽天ポイント、ANA/JALマイルを大量獲得 - TOEIC950点、USCPA、投資、マイルなど)。これは、どこからお金が出てくるのか、というと、ユーザーが利用した企業からキャッシャバックがあるのです。

例:ハピタスに登録して、楽天ブックスで1,000円の本を買う場合。

f:id:englishinvestment:20170723215904p:plain

通常、楽天ブックスで本を買うと、100円につき1ポイントの楽天ポイントがたまります(キャンペーンなどを利用すると5倍、7倍楽天ポイントがたまることがあります)。しかし、「ハピタス」経由で楽天ブックスのサイトに飛び、買い物をするだけで、100円つき2ポイントたまります。ハピタスは楽天ポイントに交換することが可能なので、合計で3ポイント以上ためることができるのです。

この時に追加で付与されるポイントは、楽天側から出ています。楽天としては、「ハピタス」という多数のユーザーを抱えるサイトに広告を出すことで、売り上げを伸ばそうとしています。ユーザーはこの「広告」をクリックして、楽天で買い物をすると、楽天がキャッシュバックするポイントを「ハピタス」経由でもらえるのです。

普通に楽天ブックスより購入すると、10ポイントしかもらえませんが、「ハピタス」経由にするだけで30ポイントになります。たったこれだけなので、経由しない手はないと思います。

 

つまり、きちんとした広告ビジネスを行っているのであり、無料だから怪しいことを行っている、ということは一切ありません。クレジットカードの発行案件では、10,000万円相当のポイントをもらえるものもあります。これは、クレジット会社にしてみると、今後一生自社のカードを使ってもらえるかもしれない可能性があるために、高額のキャッシュバックを行っているのです。

 

「ハピタス」への登録は、次のバナーよりお願いします。

登録したユーザーと、管理人に同時にポイント付与されます!

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

USJ裏技~フライングダイナソー優先搭乗

USJのアトラクションに並ばずに乗る方法

 

1年中混雑しているUSJですが、新しく設置された「フライング・ダイナソー」は特に待ち時間が長いアトラクションです。

実は、このアトラクションに待ち時間ゼロで乗る方法があります。

 

JCBのプラチナカード保有者向けラウンジ

「フライング・ダイナソー」はJCBカードがスポンサーとなっているため、JCBカード保有者のためのラウンジを設置しています。このラウンジですが、中で休憩できるだけでなく、一息ついた後に、列の先頭まで案内してもらえます。つまり、ラウンジ内で飲み物を飲みながら休憩して、待ち時間なしで搭乗できてしまいます。

対象者は、JCBカードの上級会員です。

たとえば、

・「ザ・クラス」カード

・JAL・JCBカードプラチナ

あたりが候補となります。どちらも、次の記事で言及していますが、「ザ・クラス」については東京ディズニーランド・ディズニーシーのスポンサーラウンジも利用できます。もちろん、アトラクションの待ち時間なしで、こちらも飲み物が提供されます。

ディズニーランド クラブ33(ラウンジ)で食事をする~裏ワザ~ - TOEIC950点、USCPA、投資、マイルなど

「ザ・クラス」カードについては招待制のためやや取得のハードルが高いですが、JAL・JCBカードプラチナは誰でも申し込みが可能です。

直接JALのHPから申し込みが可能ですが、よりお得な方法をご紹介します。「ハピタス」というポイントサイト経由でカードに入会すると、それだけでプラスにポイントをゲットできます。ポイントはマイルや楽天ポイントなどに交換して使えます。

 

JCBカードプラチナ申し込み方法

①「ハピタス」に登録する。

②「ハピタス」サイトより、JALカードを探し、プラチナカードに申し込む。おすすめは、ディズニーデザインです。

f:id:englishinvestment:20170723004928p:plain

f:id:englishinvestment:20170723004718p:plain

たったこれだけで、誰でもUSJでVIP待遇を受けられます。人気アトラクションの「フライング・ダイナソー」の待ち時間がゼロとなれば、ほかのアトラクションやショーに時間を使えますね。

「ハピタス」への登録は、以下のバナーからどうぞ。

 

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

 

 

ディズニーランド クラブ33(ラウンジ)で食事をする~裏ワザ(ザ・クラス)~

東京ディズニーランドには、VIPのみ入室可能なラウンジがある

 

東京ディズニーランド、及び東京ディズニーシーには、特別なゲストのみを対象としたラウンジが幾つかあります。主にスポンサー企業のためのラウンジです。どんなに園内が混雑していようと、予約した時間にラウンジに入れます。そして、ラウンジ内で飲み物を飲みながらゆっくりた後に、ファストパスよりも早く優先搭乗できます。

 

また、クラブ33という、スポンサー企業を対象にしたレストランが東京ディズニーランド内には存在します。場所は、三井住友銀行の出張所横にあります。

ドアには、「33」と書かれており、招待者しか中に入ることはできません。

 

f:id:englishinvestment:20170625142219j:plain

 

スポンサーラウンジ

スポンサーラウンジは、スポンサーが出資してアトラクションの運営を行っているものに付随しています。

このスポンサーラウンジ利用者は、

・混雑時でもファストパスよりも早くアトラクションに案内される

・飲み物を飲みながら室内で休憩できる

という特典を得られます。

一般の方でも入るチャンスがあるのは、ディズニーシーにある「ビッグバンドビート」のスポンサーであるJALが運営するラウンジです。JALのサファイヤクラス会員など一部の方が利用できます。

f:id:englishinvestment:20170625143257p:plain

JAL会員の中でも特に頻繁に利用する方のみがサファイヤクラス会員のステータスを手にできます。

「JALにたくさん乗る」という単純なことをするだけです。

まずは、JALカードを作り、JAL会員となることが第一歩です。JALにたくさん乗るようになると、必然的にJALマイルもたまります。より効率的にマイルをためる方法は次の記事を参考にして下さい。

JALマイルを大量にためる方法~ANAマイルとの違い~ - TOEIC950点、USCPA、投資、マイルなど

JALマイルを無料でためて、国内、海外旅行の航空券代をすべて無料とすることもできます。遠方からディスニーにいかれる方は、交通費が無料になりますね。

 

JCBカードをお持ちで、最高位に位置する「ザ・クラス」というカード保有者は、JCBラウンジを利用することができます。ディズニーランドには、「スターツアーズ」、ディズニーシーには「ニモ&フレンズ シーライダー」のアトラクションにラウンジが設置されています。

 

その他、第一生命やコカコーラ社など、さまざまな企業がスポンサーラウンジを用意しています。

 

ラウンジ利用資格の前提となる「JALカード」「JCBカード」は「ハピタス」から作成するとお得にポイントがたまります。それぞれの公式サイト経由よりもお得です。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

クラブ33

クラブ33は、ディズニーランド内にある会員制のレストランであり、園内で唯一アルコールの提供を行っている場所です。

 

園内の混雑するレストランを避けて、並ばずにゆったり食事ができます。

一般の方が手の届くレストランの利用方法はJCBカードの最上位に位置する「ザ・クラス」を保有することです。カード保有者は、最高で年に1回まで、レストラン2名分の食事とパスポート2名分、そしてJCBラウンジの利用券をもらえます。

 

ファストパスよりも強力なスポンサーラウンジもゲットできて、食事、入園もVIP待遇で楽しめます。ディズニー好きなら一度はしてみたい経験だと思います。

レストラン内では、ここでしか買えない限定品も売られています。

f:id:englishinvestment:20170625151539j:plain

ザ・クラスとは

f:id:englishinvestment:20170625150709p:plain

「ザ・クラス」カードとは、JCBカードオリジナルシリーズの一つです。入会は招待制となっており、明確な入会基準はありません。しかし、JCBゴールドカードを保有することが最初のステップとなることは間違いありません。年会費は税抜5万円と高価ですが、保有者には、毎年「メンバーズセレクション」という特典が付与されます。特典の一つであり、恐らく最も人気が高いものが「クラブ33」での食事及び「大人パスポート2枚」、そして前述した「スターツアーズ・ラウンジ」の利用券セットです。これだけで、3万円分以上の価値がありますね。その他にも、世界中の空港ラウンジが使える「プライオリティパス」が無料で手に入ります。「ザ・クラス」の「プライオリティパス」は、本人ともう一人が無料で利用できます。また、「家族カード」の発行も無料です。国内空港ラウンジとJR京都駅にある「京都ラウンジ」は「ザ・クラス」の提示で無料で利用できます。このように、ディズニーランド、ディズニーシーを満喫できるだけでなく、国内・海外旅行でも大いに役立つ価値あるカードです。

 

JCBゴールドカードの上位には、「ゴールド・ザ・プレミア」カードがあり、こちらも招待制です。ゴールドカードを取得し、年間100万円以上の決済を2年連続で行うと、「ゴールド・ザ・プレミア」へ招待されます。ここからさらに決済を続けると、「ザ・クラス」カードへの招待が届くパターンが多いようです。招待を待ちきれない、という方は、カードデスクに連絡し、申込書を送付してもらうこともできます。

 

f:id:englishinvestment:20170918184709p:plain

ディズニーのラウンジ以外にも、USJの「ザ・フライング・ダイナソー」併設のラウンジも利用できます。最新アトラクションのため、混雑必至ですが、「ザ・クラス」カード保有者は並ぶことなくアトラクションを利用できます。

USJ裏技~フライングダイナソー優先搭乗 - TOEIC950点、USCPA、投資、マイルなど

 

JCBカードの申し込みは、ハピタスに会員登録して、ハピタス経由で申し込むと初回登録ポイント及びハピタスポイントがたまってお得です。下のバナーより申し込むと、登録ポイントがもらえますのでお使い下さい。ハピタスでためたポイントは、現金や楽天など各種ポイント・マイルに交換できるのでとてもお得です。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

 

まとめとVIP待遇までの道のり

・東京ディスニーリゾートには、一部のゲストのためのラウンジやレストランが設置されている。

・特別待遇を受けるためには、JCBカード「ザ・クラス」を保有、もしくはJALのサファイヤクラス会員となるのが近道。

 

【方法(クラブ33)】

①「ハピタス」に登録する。

②「ハピタス」サイトより、JCBカードオリジナルシリーズを探し、「ゴールド」に申し込む。

JCBカードを使い、JCBのお得意様となる。

JCBゴールド・プレミアへ招待されるのことが目安です)

④使用頻度の高いカード保有者向けに「ザ・クラス」への招待状が届くので、申し込む。

 

【方法(スポンサーラウンジ)】

①「ハピタス」に登録する。

②「ハピタス」サイトより、JALカードを探し、申し込む(JCBブランドには、ディズニーデザインあり)。

JALを利用し、サファイヤクラス会員となる。

f:id:englishinvestment:20170918182729p:plain

JALのような航空機を頻繁に使うことは、一般時には無理だと思うかもしれませんが、マイルを貯めてJALに乗ることで、無料でサファイヤクラス会員となることも可能です。

 日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス